告白を成功に導く方法7選!直接会って告白する時の秘策とは

すごく好きな人がいて、絶対にお付き合いしたい!という場合、失敗は許されません。

告白をうまく成功させるためには、どうしたらいいでしょうか。今回は絶対に失敗できない告白を成功へ導くための秘訣についてご紹介します。

一世一代の大勝負、どのように挑めば恋を成就することができるでしょうか。

客観性を持つ

好きな人へ告白する、フラレたくない、というときに一番重要なのは“客観性を持つ”ということです。

「好き」という気持ちは主観的なものですが、客観性を持つことで、告白の何が変わるのでしょうか。

一方的告白はNG

告白が失敗してしまう理由のひとつとして“自分の気持ちを一方的に相手にぶつけてしまう”ということがあります。

ただ一方的に好意を伝えるのであれば、アイドルにファンレターを送るのと大差ありませんが、これに気が付いていない人が多いです。

「あなたが好き」という気持ちはもちろん大事ですが、相手がどう思うかまで考えることができなければ告白は成功しません。

相手は人間ですから、何かしら思うところがあるでしょう。一方的な告白にならないように注意する必要があります。

相手は自分のことが好き?

また、客観性という意味では、告白する前にある程度のリサーチも重要です。

脈がない男性への告白、関わりのない男性への告白など、勝率が計算できない告白は子供の告白です。大人であれば、ある程度十分に関係性を構築した上で告白します。

失敗できない告白だからこそ、客観性を持って相手がどれだけ自分を好きなのか確認できてから告白に踏み切りましょう。

絶対に「はじめまして、好きです」のような突撃型告白をしてはいけません。

相手への敬意を忘れない

“相手のことが好きで告白する”のであれば、相手への敬意を忘れてはいけません。敬意を忘れないとは、誠実に告白するということです。

よくいるのが、告白後に断られたからと言って相手を侮辱する人です。相手に敬意を払っていれば、侮辱する行動はしないはずです。

社会人として誠実に

恋愛の告白とは、とてもプライベートな内容です。あらゆる立場や環境を越えて、ひとりの人間として告白し、相手もそれを受け取ってくれます。

たとえば、色仕掛けで迫ったり、フラッシュモブなどを利用して断れない状況を作って告白するのは誠実とは言えません。

相手の男性に誠実に接するとは、相手を馬鹿にしたり、発言権を奪ってはいけない、ということです。

大好きな相手だからこそ、その人の人権を尊重した行動をしましょう。

具体的なビジョンを持つ

告白する前に確認していただきたいのが“告白後にどうしたいのか”です。

中には、告白するだけして満足してしまい「別に付き合いたいわけではない」と我に返ってしまう人がいます。

告白するからには、その人とどうなりたいのか、具体的にイメージできる必要があります。

“今後どうするか”を考える

自分が告白される側の立場として考えてみると、告白されて付き合うことになったら、どういう関係になるのかを想像します。

ゆくゆくは結婚、という可能性もゼロではありません。つまり、告白する方も、される方も、無責任ではいられないということです。

また、付き合うことによって相手に発生するメリット、デメリットのことまで考えなければなりません。

付き合うことで相手が損失を被るだけであれば、相手に迷惑をかけることにもなります。告白前から“告白後”のことをよく考えておきましょう。

口頭で伝える

告白方法は、どんな方法を検討していますか?メールやLINEという方法もありますが、成功したいのであれば口頭で伝えるのが一番効果的です。

誤解なく伝えること

告白で重要なのは、誤解なく相手に伝わる方法を選ぶことです。

伝えたいことはシンプルですが、シンプルゆえに伝わりにくい、ということがあります。メールやLINEでも伝えられないことはありませんが、正しく伝わらないことがあります。

たとえば、どれくらい好きなのか、どのように好きなのか、などは実際に会って顔を見て表情や態度を総合して判断するものです。

すごく好き、という気持ちを表現するためには実際に会って口頭で伝えるのがいいでしょう。

ポジティブなイメージを持つ

告白する前は、成功するか失敗するか、どちらかわからないために不安定な状態ですが、告白前からポジティブなイメージを持って臨んだほうが成功する確率が上がります。

ここでは、告白前にポジティブなイメージを持つことの重要性をご紹介します。

付き合ったら楽しそう

告白とは、企業におけるプレゼンと同じです。

もし相手がどっちつかずだった場合「私と付き合うとこんなに楽しいことがありますよ」とプレゼンすることができれば、相手は「じゃあ試しに付き合ってみようかな」という気持ちになります。

交際したら楽しそう、と思わせるためには、女性本人が楽しそうな表情をしている必要があります。

ネガティブなイメージを持っていると「私なんてどうせ」や「付き合っても迷惑かけるかも」という雰囲気が相手に伝わってしまいます。

通常、人はフラれたときのショックを軽減するために、ネガティブなイメージも膨らませておきますが、成功したい告白の場合は「フラれるかもしれない」というイメージは極力持たないほうがいいでしょう。

「私と付き合ったらいいことあるかもよ!」というゴリ押しに、男性は弱いので、少し強気で行くくらいがちょうどいいです。なるべくポジティブなオーラを背負って行きましょう。

ひとりで実行する

告白をするとき、友人に手伝ってもらうなどの方法を使う人がいますが、成功させたい告白の場合は、すべてひとりで実行することをおすすめします。

ひとりで行うことで発生する告白のメリットがあるからです。

男性は“個”で勝負する

女性は集団で生活することを好みます。学校などでも友人同士で集まっていたり、遊びに行くときも友達と連れ立って行きます。

対して男性は、仲間と遊ぶこともありますが、ひとりで行動することが多いです。

そのため、女性が“私たち”という集団でカウントするとき、男性は“自分”という個でカウントしています。

恋愛というシーンにおいて、女性が多用する“私たち”という単位は使用できません。そのため、男性と同じく個のフィールドに立たなければなりません。

男性にとって恋愛も一種の勝負なので、正々堂々とひとりで戦いに来た女性を歓迎します。逆に、恋愛においても“私たち”という単位を使おうとする女性のことが嫌いです。卑怯に見えるからです。

孤独な勝負となりますが、友人へは恋愛相談程度にとどめておき、告白に関してはひとりきりで挑むようにしましょう。

保険をかける

告白をしたら、必ず相手から答えを聞きましょう。そして、それがYESでもNOでもしっかり受け止めることが大事です。

どんな結末になったとしても、後悔のない状態で挑むと成功の確率が上がります。では、なぜ「どうなっても後悔はない」という気持ちで挑むと成功するのでしょうか。

後悔しない=保険が必要

一生に一度の恋、今以上に誰かを好きになることはないかもしれない、と考えていますか?実はその考え方は少し危険です。

いくら“これが最後の恋”であったとしても、告白相手の彼はその責任を取ってはくれません。この恋の責任を取るには自分です。

そのため、後悔しないために精一杯のことをするのは重要ですが、同時に「今のがダメだったら次があるさ」という楽観的な考えも持っておかなければいけません。

カジノでお金を賭けるとき、帰りの交通費くらいは残しておかなければいけないのと同じです。

「どうなっても後悔はない」という状況は、保険をかけている状態です。そのため、フラレたら傷つきますが、ダメージは大きくありません。

「ダメだったら次があるだら大丈夫」という、あらゆる保険をかけておくことも、告白前の重要な準備です。

重さを調節する

相手の男性はどうでしょうか。男性は告白されると嬉しいですが“全身全霊”で来られると困ります。

まるで「責任とってください!」という気負いを感じるからです。しかし「ダメだったらダメでいいです、次があるので」という雰囲気があると、ある程度軽くなり、男性が受け止め切れる重量になります。

そのため、どれだけ彼のことが大好きだったとしても、頭のどこかで“ダメだったらいいや”という軽さを持って挑むことで、告白が成功しやすくなります。

また、この軽さを演出することで、彼に「このチャンスを逃したら次はないかも?」と思わせることができます。

自分に告白してきた女の子が、1ヶ月後には別の男と歩いているイメージが浮かんでくると、男性は「嫌だ」と思います。

このように、気持ちの重さを調整し、少し軽くすることで“今を逃したらもうチャンスはないかも”という告白として伝わるのでおすすめです。

上手に告白できる恋愛をしよう

恋愛において「大人の恋愛は告白なんてしない」という人がたまにいますが、実は大人になっても告白は大事です。

告白をしないまま恋愛をしている人は「言わなくなもわかってよ」という方法を用いているため、実際は相手に伝わっていない可能性があり、自分も深く理解できていないことがあるため誤解の原因となります。

目指すべきは“告白なしの恋愛”ではなく、お互いに“上手に告白できる恋愛”です。

自分の気持ちを言葉にのせて上手に伝えることができれば、長くお付き合いすることができます。

変に演出を加えるよりも、素直に誠実に、そしてちょっとだけ強気に告白したほうが成功します。自信を持って挑みましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る