彼氏とのデートで話題がない!無言の空白が辛い人を救う7つのヒント

彼氏との話題がなくて困っている、という女性は多いです。

共通の趣味があったり、共通の友人がいると話題はたくさんありそうですが、そうではない場合、どんな話をすれば盛り上がるのか悩んでしまいます。

好きな人と一緒に過ごせるんだから、別に無言でもいいんじゃない?と言う人がいますが、そうだとはわかっていても「話題が何かないか探していろいろ喋って墓穴を掘る」という人が後を絶ちません。

このような「無言の空白が辛い」という女性が増えています。会話に発生する“間”が長いと居心地が悪くなってしまう人です。

とくに大好きな彼氏を目の前にすると、嫌われるのではないかと思ってあれこれ詮索してしまい、ひとりでパニックになってしまうこともあるのではないでしょうか。

今回は“彼氏とのデートで話題がない”というピンチを切り抜けるために、無言の空白が辛い女性を救うための7つのヒントをご紹介します。

無言の空白が怖い理由

彼氏との楽しいデートのはずが、どちらともなく無言になってしまって話題がなく、焦って視線が泳ぐ、ということがあります。

どうして楽しいはずのデートなのに無言タイムになると気まずくなってしまうのでしょうか。

ここでは、まず無言の空白時間が怖い理由をご紹介します。彼氏と過ごす以外に、職場などでも無言の間が怖い、辛いという人には同じ原因があります。

自分が何かしなくてはという責任感

無言の間が怖い人には共通点があります。それが“責任感が強い”というものです。

長女であったり、リーダーをまかされる機会が多い人にある特徴で、人任せにして放置することができない性分であることが由来しています。

責任感の強い人は他人や周囲へのサービス精神があるため、相手が困っていると過剰に反応してしまう、もっとサービスしようとしてしまう、という傾向があります。

「どうでもいい、知らない」という無責任さと真逆で「私がなんとかしなくては!」と思いすぎてしまうことが欠点です。

彼氏とのデートで話題がなくなってしまうと、それをピンチと感じ「なんとかしなくちゃ」と思ってしまうことから、不安が大きくなるため「怖い、辛い」と感じてしまうのです。

自分の責任の範囲

このような責任感の強いタイプは「他人の責任も背負い込んでしまう」という欠点があります。

たとえば、職場で後輩が怒られているのを見て「自分が助けてあげれば怒られることはなかった」と強く思い込み、自分が怒られたわけでもないのに精神的なダメージを負ってしまう、ということが度々あります。

これは、自分の責任の範囲を自覚していないゆえに起こる現象です。

「私の責任はここからここまで。あとは責任持ちません」といった具合に、線引きしていく必要があります。

彼とのデートも、責任は半々ですから、焦って何とかしようと考える必要はありません。

2、無言の間を彼はどう思っている?

デート中に起こる“無言の間”を彼はどう思っているのでしょうか。ここでは、無言の間が起こったときに男性が考えていることについてご紹介します。

何も考えていない

デート中に会話が途切れ、無言になる。このとき、彼は何を考えているのでしょうか。

実は、案外“何も考えていない”ということが多いです。もっと言えば「ぼーっとしている」であるとか「明日の予定のことを考えていた」など、心ここにあらずなことが多いです。

男性は好きな女性と過ごしている間、かなり油断しています。

相手が女性ということもあり、寝首をかかれる可能性が低いため安心してぼんやりできるのです。

言い換えれば、彼がぼーっとしていたらそれだけ彼女を信頼しているということでもあるので、急に話題が途切れて彼が何も言わなくなってしまったら、それだけ彼女のことが好きでリラックスしている、ということです。

それぞれの時間を楽しむ

もしもふたりが将来結婚するとしたら、今後は気が遠くなるほどの時間を一緒に過ごすことになりますが、そんな長い時間は、共有する時間以外に、それぞれの時間の過ごし方が重要になります。

ここでは、無言の空白時間の過ごし方をご紹介します。

マイペースを取り戻す

彼とのデート中、ふいに訪れた無言の時間、会話がないと焦るのではなく別のことを考えて有意義に過ごしましょう。

最近では、会話がなくなるとスマホにすぐ手が伸びてしまう人もいますが、それもひとつの過ごし方です。

テーブルに向かい合いながら、それぞれの時間を楽しむのも素敵なデートです。デートはふたりで行なうものですが、お互いを尊重することも大事だからです。

ふいに訪れた空白の時間は、自分のペースを取り戻す時間としてリラックスして過ごしましょう。

無言になったらすること

彼とのデート中、話題がなくなると焦って無理に話そうとして変なことを言ってしまう、という人がいます。

このような“自分で墓穴を掘ってしまう”タイプの人は、予めデート前に“無言になったらすること”を決めておくといいでしょう。

爪をチェックする

焦ってしまう、ひとりパニックになってしまう、という人は、事前に心の準備をしておくようにしましょう。

デート中には何度か会話が途切れる瞬間が訪れますが、その度に「どうしよう」と焦ってしまっていては、メンタルを消耗します。

それを回避するために、リラックスするためのスイッチ行動を用意しておきましょう。なんでもいいのですが、とくにおすすめなのが「爪をチェックする」という行動です。

焦りを感じたら、自分の爪を見ます。隅々までチェックしましょう。

これは、焦りの原因が「何をしたらいいのかわからなくなる」ということから、次の行動を指示することで安心する、という方法です。

ほかにも、髪の毛の枝毛をチェックするでも、窓の外を見るでもいいです。「焦りを感じたら〇〇をする」という行動を決めておきましょう。

話題を作る方法

どうしても今話題が欲しい、というときは話題を作り出さなければなりません。彼氏との話題に困ったら、どのようにして話題を作り出せばいいのでしょうか。

質問して話を広げる

話題が見つからない、というときは話題を作り出す必要があります。

どうしても彼と会話がしたい、でもきっかけがない、というときはとにかく質問してみましょう。

質問を繰り返すのではなく、ひとつの質問をきっかけに、会話を広げていくことが大事です。

たとえば「動物は何が好き?」という質問に対し「犬かな」と返ってきたら「犬は飼ったことがあるの?」と飼育していたペットの話題に持っていくことができます。ほかにも「食べ物で一番好きなのは?」に対し「カレーライス」と返ってきたら「実家ではどんなカレールー使ってた?」という会話に持っていくことができます。

そこから「自分も犬を飼っていたことがある」や「同じカレールー使ってる」など、共通点を見つけ出して拾い上げていくだけで、会話は成立します。

彼氏が会話下手だったとしても、上手にリードすることができます。

テレパシーを送ってみる

テレパシーとは、言葉を発することなく相手に言葉を伝えたり、逆に相手の考えを読み取る能力と言われていますが、現実にできる人はいないでしょう。

いたとしても少数ですので、我々にはできません。しかし、たとえ伝わらなかったとしても送ってみるだけ送ってみてもいいのではないでしょうか。

伝えようとすることが大事

話題がなくて会話に詰まるということは“上手に伝えたい”という気持ちが強いのではないでしょうか。

この“上手に”や“失敗なく”という考え方は、完璧主義の傾向が強い証拠です。

本来、言葉は「下手でもなんとか伝わればいい」のですが、完璧主義の考え方に偏ると「失敗できない!」となってしまい、伝えたいことを伝えるという目的と、上手に伝えるという手段が入れ替わってしまい、結果伝えたいことが伝わらなくなるということが起こります。

話題がなくなり会話に詰まってしまったら、頭の中で伝えたいことをひとつに絞り、集中してみましょう。

あれこれと雑念に邪魔されることもあると思いますが、一点集中して念じることで、彼に伝えたいことの主題がはっきりします。

話題をあれこれ作ったり思い出す必要もなく、伝えたいことがパッと思い浮かぶでしょう。

無言のコミュニケーション

コミュニケーションとは、会話だけを指すのではありません。むしろ、言葉を用いないコミュニケーションの方が、恋愛の上では大変重要です。

ということは、言葉を交わさない無言の時間こそ、カップルにとって大事な時間なのではないでしょうか。

無言の時間を快適に過ごす

話題がなくなり、彼氏との無言の時間をどう過ごすか。この時間を快適に過ごせるカップルは長く続きます。無言の間が気まずい、ということは相手を信頼できていない、という証拠ですから、もっと信用して頼らなければなりません。

会話がないからと言ってそれぞれが孤島に置き去りにされてしまったのではなく、これは“会話がない”というコミュニケーションです。無理にアプローチする必要はありません。

まだ言葉を獲得していない赤ん坊とは会話できないように、会話なしで相手を理解しようとする姿勢があれば、話題がなくても焦る必要はなくなります。

あとはどれだけ彼を信頼し、今後無言の時間を快適に過ごせるようになるか、によってふたりの距離感が縮まるでしょう。

話題がなくても焦らなくていい

デート中に話題がなくなり、焦って軽口を叩いてしまって後悔する女性は多いです。

本来の自分を見せることができず「こんなはずじゃなかった」と思ってしまうのではないでしょうか。

無言の時間を怖い、辛いと思ってしまうのは悪いことではありません。しかし、だからと言ってその空白の時間を何かで埋める必要もありません。本棚に隙間があると落ち着かない人はいますが、本が増えればおのずと隙間はなくなっていくからです。

頑張って話題をひねり出すことよりも、無言の時間に耐えて、その時間を快適に過ごせるようにシフトしましょう。

無言の時間が長く続いても、嫌われたり、評価が下がることはありません。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る