気になる職場男性の脈ありサインが知りたい!好意度チェック8選

職場にはどんな男性がいますか?中には気になる男性もいるのではないでしょうか。

一緒に働く仲間でありライバルでもある男性社員の“あんな態度”や“こんな反応”に「おや?」と思うことがしばしばあるかもしれません。

それってもしかしたら「脈ありだよ」というサインかも?

今回は、職場の男性の態度から、どのくらい好きなのかを測る好意チェックをしてみましょう。

もしかしたら、意外なあの人があなたに脈ありサインを送っているかも!

重いものを持ってくれる

仕事によっては、オフィス内での事務作業でも“重いもの”を移動させなければならないことがあります。

大きな荷物が届いたり、荷物を送らなければならないときなどです。

このようなシーンで、率先して重いものを持ってくれる男性は、脈ありサインを送っているのでしょうか。送っているのだとしたら、どのくらいの好意度があるのでしょうか。

優しさアピールの可能性

このような、女性に対して“わかりやすく優しくする”という場合、特定の人に気があるのではなく、周囲に対して「俺って優しい男なんですよ!」とアピールしている可能性が高いです。

目に見えてわかりやすく、成果がはっきりしている仕事に飛びつく男性は、目立って自分のポイントを稼ぎたい人です。

褒められたい、モテたい、といった欲求の方が強く、手伝ってあげた女性に対して何か期待していることは稀です。

好意度30%

好意度としては低く30%程度です。

ただ、大嫌いな人には手伝おうという意識は働きませんので、嫌いではないと言えるでしょう。

男性は思っているよりも周囲の目を気にしています。「俺って男らしくて優しいだろ?」という周囲へのアピールである可能性が高いです。

気軽に触れてくる

ボディタッチが多く、距離感が近い男性がいます。親しみをこめて近づいてきてくれてるのかな?と思いますが、もしかすると意外にも脈ありのサインかもしれません。

もしそうだとしたら、好意度はどのくらいなのでしょうか。

2タイプに分類

気軽に女性のボディタッチしてくる男性は大きく分けて2タイプいます。

コミュニケーション能力に長けた女性に嫌悪感を抱かせないタイプと、距離感がわからない男性です。

前者は、自分のことを男性とは強く意識しておらず、女性に対して「仲間だよ」という感じで近づくため、特別な好意があるわけではありません。

しかし後者の場合、女性に対してどんな距離感で近づいたらいいのかわからないタイプなので、溢れた好意によってボディタッチに至っている可能性があります。

好意度50%

ただし、この場合の好意はセクハラに近く、女性への敬意がないため「好き」ではなく単に「セクハラしたいという意味での好意」である可能性が高いです。

本当に大事に思っている女性に対して、男性は安易に触れることはありませんので注意しましょう。

いつも褒めてくれる

褒めてくれる男性がいます。

「いつも頑張ってるね」「えらいね」など、肯定的な評価をくれる男性が職場にいると心強いです。

「この人、もしかして私のことが好きで褒めてくれるの?」と思ってしまう瞬間があります。では、この“褒める”は好意なのでしょうか。

褒めるのはタダ

残念ながら、褒めるからといってそれが直接“好意がある”には結びつきません。

というのも、褒めるという行動は時間も手間のお金もかからない労力ゼロのタダの行動であって、適当に褒め言葉を言うだけなら誰でもできます。

とくに女性は褒められることが少ないため、ちょっと褒められただけでも嬉しくなり、褒める男性はそのことをよく知っています。中には、女性を心の中で馬鹿にしながら褒めたり、懐柔するために褒める男性も少なくありません。

ライバルでもある女性社員を褒める、ということは“持ち上げておいて突き落とそうとしている”可能性もあるので、好意として受け取るのは危険です。

「ありがとう」と笑顔で受け取っておいて、恋愛とは切り離して考えましょう。

笑わせるような事を言う

いつも面白い話で笑わせてくれる男性がいます。

ほかの女性社員にではなく、自分にだけ話を振ってくる、ということは好きということ?このような男性は好意があるから話しかけてくるのでしょうか。

もし好意があるなら、その好意度はどのくらいなのでしょうか。

少なくともほかの人より話しやすい

ほかの人ではなく、自分を選んで話しかけてきて、しかも笑わせるような面白い話を振ってくる、ということは確かに好意があるでしょう。

少なくとも「ほかの人よりは話やすい」と感じていて、友達のような感覚があるかもしれません。

男性は女性よりも警戒心が強く、信頼している人にしか親しげに接することができません。恋愛感情の有無には関わらず、信頼していることは間違いありません。

好意度70%

現時点ではまだ友達感覚であったとしても、ここから恋愛に発展する可能性があります。

信頼していて話しかけやすい、という意味では好意度70%です。

相性がいいな、と感じてからお互いに「付き合ってみてもいいかも」と思えるようになったら恋愛フラグは濃厚です。プライベートの誘いがあったらのってみましょう。

冗談で誘う

冗談めいた感じで「俺たち付き合ってみる?」と言う男性がいます。

「やだ、何言ってんの?」とは返しますが、もしかして本気?この場合、彼の好意度はどのくらいなのでしょうか。

本気で誘っている

この“冗談で誘う”という男性は、ほとんどの場合、その言葉は本気です。

ではなぜ冗談っぽく聞こえるかというと、失敗したとき(断られてしまう)のショックを和らげるためです。

冗談で誘って振られても「冗談だった」で済みます。本気になればなるほど失敗したときの傷が深くなるので、あらかじめ予防線を張っているのです。

本人は冗談っぽく言っていますが、実際はかなり本気である可能性が高いです。

ただし、複数人にあちこち誘いをかけて「数打ちゃ当たる」的な誘い方をしている場合もあるので、特定の誰かを好きというよりは「みんな好き」なのかもしれません。

好意度90%

彼にとっては“冗談っぽく誘う”ことで、女性の部屋の扉をノックしているような感覚です。

大好き、というわけではなくても、付き合ってもいいなと思っているので誘っている、という感じです。

好意度としては90%くらいなので、本気と受け取ってみてもいいでしょう。

よく一緒になる

たまたま?偶然?なぜかいつも一緒になる男性社員は、好意があるのでしょうか。

中にはタイミングを見計らってわざと一緒になるように調整する人もいて、ただの偶然だとは断言できません。

このような“よく一緒になる現象”が続く場合、男性から好意があると判断してもいいのでしょうか。

本当の偶然だとしても恋の予感

もし、本当にただの偶然で一緒になる機会が多いのだとしたら、それはそれで恋の予感です。相手の男性も少なからず意識しているでしょう。

この機会を恋につなげるか、それともただに偶然として処理してしまうかは本人次第です。

また、もし男性が調整してタイミングを合わせてきているのだとしたら、それはすでに好意がある証拠ですから、どちらにしても期待していい展開と言えるでしょう。

タイプの男性で、付き合ってみてもいいかなと思ったら積極的に話しかけてみましょう。

ただし、本当にただの偶然の可能性があるので、この段階では好意度はまだゼロです。可能性のあるゼロなので、恋の予感が含まれています。

仕事を手伝ってくれる

「しょうがないな」と言っていつも仕事を手伝ってくれる男性は、好意があるから手伝っているのでしょうか。

それとも単に、仕事として手伝ってくれているのでしょうか。

どちらとも言えない

職場は仕事をする場所なので、誰かの仕事が滞っていたらチーム全体の仕事が滞ります。

誰かを手伝う、ということは会社の利益に関わることなので、その人個人に対してどんな感情があるか、は別の問題です。そのため「手伝ってくれるから彼は私のことが好き」とは断定できません。

ただし、何かにつけて「まだ終わらないのか?手伝おうか?」と気にかけてくれている様子がある、ということは好意がゼロとも言い切れません。

この段階ではどちらとも言えません。

おごってくれる

昼食や仕事終わりの飲み会で、何かとおごってくれる男性社員の場合、好意があると思っていいのでしょうか。

男性はどんなときに「おごってあげよう」と考えるのでしょうか。その好意度とは?

お金を出すのは好意があるから

男性は多くの場合、お金に関してはケチだと考えてほぼ間違いありません。

そのため、特定の女性に“おごる”ということは「好きだよ、気づいてね」というサインであり、純粋な優しさではありません。

好きだからおごる、好きじゃなかったら絶対におごらない、という男性も多く、下心か恋心は必ずあります。

とくに社会人の成人男性の場合、お金を出すことでしか好意を示すことができない男性もいるため、普段はそっけないのにおごってくれる、という場合も脈ありサインです。

好意度100%

ここまでくるとほぼ100%、好意でおごっています。

お金を出す、ということは「それだけの価値がある」ということですから、彼の中ではもう恋がはじまっているのかもしれません。

そのため、好意と知った上でおごってもらうだけでもいいですし、好意を受け取ってお付き合いに発展させるのもいいですし、好意を受け取らずにお断りするのも自由です。

ただし、お金を出す、おごる、ということの意味は男性からの脈ありのサインなので「知らなかった」でスルーしないであげてください。

好きじゃなければ何もしないのが男性

「この人、私にだけ優しくしてくれるな」と感じたら、ほとんどが好意であり、下心です。

もちろん、根っからの親切な人もいますが、ほとんどが“脈ありサイン”で間違いありません。

なぜなら、男性は、好きじゃなければ女性に優しくしないからです。嫌いな女性、興味のない女性に対して、優しくする男性はほとんどいません。

それが恋なのか愛なのか、または単に下心なのかはわかりませんが、好意があることには変わりはないです。

その気持ちを上手に利用すれば新しいカップル誕生となる日も近いかもしれません。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る